災害時に役立つ!便利なアルコールバーナー『アルポット』の使い方

災害時に役立つ!便利なアルコールバーナー『アルポット』の使い方

staff by

ウエ ウエ

一人分ならこれがあれば湯沸かしから炊飯まで!便利なアルポット

災害が起こったらガスや水道、電気が使えなくなってしまうことが想定されます。そのような時、カセットガスコンロが一番に思いつきますが、私の場合、ガス缶の扱いに困るため、あまり買い置きをしていません。

でも何かないと困るなということで、加熱袋とアルコールを使った『アルポット』を備えています。

アルポットとは?

アルポットは大木製作所というメーカーが製造している、アルコールバーナー内臓のポットタイプの調理器具です。
アルコールバーナーとは、燃料用アルコール(メタノール)を使ったいわゆるアルコールランプを使ったバーナー(ストーブともいいます)です。

800mlのステンレスのカップと蓋がついているので、お湯を沸かすだけではなく、煮炊きも可能で、2合までなら炊飯もできます。

アルポットの良い点

メタノールを使うので、ガス缶よりもお手軽です。
また、アルコールバーナーをポットで覆うので、強風でなければ風が吹いても火が消えませんし、火がむきだしではないので比較的安全です。
ポットが食器代わりにもなるので、これひとつあれば鍋等も準備しなくて済みます。

アルポットを使う時注意すること

アルコールに直接火をつけるので、火傷には注意が必要です。場合によっては火が見えにくいこともあるので、ガス缶もそうですが火を消すまでは気を抜かないようにしてください。

アルポットの使い方

アルポットの使い方を解説します!

アルポット
これがアルポットです。アルコールバーナーの上に覆うようにポットが付いています。
アルポット
アルポットをバラすとこんな感じです。

調理するものをカップに入れる

まず、カップに調理するもの、温めたいものをカップに入れます。今回は水を沸かしてみるので、水を入れました。

カップに水を入れる
カップの中に水を入れました。

ポットからアルコールバーナーを外して、火をつける

ポット下部にレバーがついているので、それを内側に寄せると、ポット部分が外れてアルコールバーナーが露出します。

アルポットのレバーを寄せる アルコールバーナー部分
アルコールバーナーはこんな感じです。使わない時は蓋をしてからポットを被せて保管します。

蓋を外して、中に燃料用アルコール(メタノール)を注入します。底に注視して、薄ら溜まってきたら満杯なので、そこで入れるのをやめてください。もし溢れたら拭き取ってください。

アルポット付属のアルコール携帯容器
アルポットには燃料を携帯できる容器が付属していますので、これを利用すると注入しやすいです。
アルコールバーナーにアルコールを注入する
バーナーの中央にある穴にアルコールを注いでください。底に溜まってきたらそこで満杯です。

アルコールを注入できたらそこに火をつけて、上にポットを被せます。被せたあともレバーを動かし、平にして固定します。

アルコールバーナーに火を付ける
ライター等で火をつけます。
アルコールバーナーに火を付ける
アルコールの火は見えにくいので、火傷しないように注意してください。
バーナーにポットを被せる
火がついたら、ポットを上から被せます。平にきちんとハマるようにレバーを動かして固定してください。
火を見る
ポットの下に小さな窓が付いています。ここから火が見えるので、アルコールがなくなって火が消えたときなど、ここから確認します。

調理完了・消火

調理が完了したら、アルコールの火は必ず消してください。消火は蓋を被せるだけです。

お湯が沸いた
お湯が沸いたので、これで調理は完了です。火を消しましょう。
消火
蓋を被せるだけで消火できます。蓋を閉め、しばらくしてきちんと消えているか確認してください。

終わったらしっかり蓋を閉めて、カップもきれいに洗ってから保管しましょう。

アルポットのサイズ

アルポットの中のカップのサイズですが、これくらいの大きさです。

アルポットのサイズ
一番高いところで15cm。くびれのところまでが13cm

一番高いところで15cm。くびれのところまでが13cmなのですが、実際に湯を沸かしたりする場合、このくびれより下の位置が水位上限です。これ以上入れると沸騰した時溢れてしまいます。

アルポットのサイズ
口径は、内径8.5cm

カップに缶詰を入れてみる

実際どれくらいの缶が入るか、入れてみます。

アルポットに缶詰を入れる
このよくある缶詰(直径約7.5cm)を入れてみます。
アルポットに缶詰を入れる
このサイズでぴったりです

スーパーでおかずやツナ缶などでおなじみのサイズの缶詰がぴったりサイズです。入れてしまうと取り出しがやや困難になるので、湯煎する時は注意が必要です。

パックご飯やレトルト

レトルトの場合は、折り曲げてしまえばなんとか入りますが、 パックご飯は越後製菓の「日本のごはん」以外は入りませんでした。

パックご飯の場合は、直接カップに出して温めるか、加熱袋を用意した方が効率がよいですね。

日本のごはん
越後製菓の「日本のごはん」はエコタイプのパッケージでコンパクト
日本のごはん
それでもギリギリサイズ

ガス缶や他のアルコールバーナー等に比べてみて

家庭用のカセットガスコンロやキャンプなどで使う丸いTタイプガス缶等に比べると、やはり使う用途は限られてしまいます。

カップの容量的にも一人分で、大きな食材は煮炊きできません。また焼き物したいのであれば、ポットを取り外しバーナー単品とし別途五徳を用意するなりすれば可能ですが、アルポットのカップではできません。

火力も一定なので、火の調節はまずできません。
しかし、バーナーや五徳、風防、鍋等を別途用意する必要はなく、サイズ的には大きいですが、あとは燃料さえあればこれひとつですべて完了するのは便利です。

他のアルコールバーナーや固形燃料

アルポットも燃料はアルコールなので、他のメーカーのアルコールバーナーと火力や使い方は同じです。
また似たようなものでは固形燃料もありますが、こちらも燃料が液状か固形かの違いなだけですので、好き好きだと思います。

アルコールバーナー単品であれば非常にコンパクトなのですが、やはりガス缶同様に、五徳、風防、鍋等は別途必要になります。
諸々揃えるのが大変で面倒という人には、やはりアルポットがオススメです。

アルポット使用例

実食レポートでは私がアルポット好きなので、よく使っています。是非参考にしてください!

越後加茂特産『かも汁』でアルポット

越後加茂特産『かも汁』は2〜3人分のかも汁が入った缶詰で、水を加えて温めて食べます。
800ml以内であれば、アルポットでも調理可能なので、今回はアルポットで温めて食べました。

越後加茂特産『かも汁』
越後加茂特産『かも汁』は結構大きめの缶詰めタイプの汁物
越後加茂特産『かも汁』
加水して温めが必須なため、カップに移して温めました

ホリカフーズの『レスキューフーズ』でアルポット

缶詰やレトルトの湯煎ということでアルポットを使ってみました。しかしアルポットのカップのサイズがそこまで大きくないので、缶詰とレトルトを1個いれるといっぱいです。結局人数分一度にやるのに加熱袋も併用しました。たくさんある場合は加熱袋の方が便利ですね。

ホリカフーズの『レスキューフーズ』
ホリカフーズの『レスキューフーズ』の缶詰やレトルト
ホリカフーズの『レスキューフーズ』
これだけしか一度に入りません。ちなみにこのシリーズのパックご飯はカップに入りませんでした。

麺屋優光 × IZAMESHI『旨味溢れる貝出汁醤油ラーメン』でアルポット

京都のラーメン店の非常食の調理に使ったのですが、麺が大きすぎてカップに入らず、割っていれました。
また工程が多すぎてアルポットひとつでは調理が難しかったですね。

麺屋優光 × IZAMESHI『旨味溢れる貝出汁醤油ラーメン』でアルポット
京都の麺屋優光 × IZAMESHI『旨味溢れる貝出汁醤油ラーメン』をアルポットで調理
麺屋優光 × IZAMESHI『旨味溢れる貝出汁醤油ラーメン』でアルポット
結局麺がデカすぎてアルポットのカップには入りませんでした

関連記事

実食体験レポ

最近見た商品

なし※商品を見ると履歴が表示されます