非常食にチョコは不向き?美味しく手軽にお菓子の備蓄

非常食にチョコは不向き?美味しく手軽にお菓子の備蓄

おいしいチョコで災害備蓄

チョコは子供から大人まで人気のあるお菓子で、誰もが一度は口にしたことがあるかと思います。 今はカカオ成分が多いものが人気となっていますが、ふつうのミルクチョコなども安定した人気です。

チョコも今は様々な種類があり、駄菓子から有名メーカーのものまで幅広く、自分の好みのチョコを買うことが出来ます。

災害用の備蓄と言えば非常食ですが、イマイチおいしくないというイメージがあるかもしれません。 しかし、自分の好きなお菓子を非常食として取り入れれば、非常時でも美味しく頂くことができます。

非常食に必要なカロリーは1,800kacl以上

非常食を選ぶにあたってあまりカロリーについて考えることはないかと思います。 しかし、被災地となってしまった地域では、災害救助や炊き出し、避難所の整備、また復旧作業など割と体力仕事であったり精神力の負担が大きくなります。

非常時の炊き出しにはごはんやパンなどが配られますが、災害が酷ければ酷いほど食料の確保は困難となり、栄養不足が心配になります。

そのような時に役に立つのがチョコなどの高カロリー食です。

通常女性なら1,800~2,000kaclが1日に必要なカロリーとなりますが、災害時ではこれらを充分に摂ることができない可能性があります。

疲れを癒すためにもちょっとした甘いおやつが心も癒してくれますので、チョコなどのお菓子を非常食として非常用持ち出し袋に入れておくと良いでしょう。

チョコレートのカロリー

チョコレートは製品によってカロリーも変わりますが、板チョコ1枚(50g)で279kcalとなっています。 一口サイズの5gでは約28kcalとなり、結構カロリーとしては高めであることが分かります。

板チョコ1枚でごはん一膳分程度のカロリーが摂取できますので、疲れている時や食べられる量が少なかった時には、チョコがあれば少ない量で補うことができます。

非常食は非常用持ち出し袋の容量をとってしまいますが、チョコであれば省スペースで済みますので、忍ばせておくと安心です。

非常食に使えるチョコ菓子

チョコ菓子はスーパーに置いてあるだけでも非常にたくさんの種類があり、選ぶのに苦労します。

  • ・溶けにくい
  • ・食べやすい
  • ・かさばらない

上記3点を守ればどのチョコでも非常食とすることができます。

表面がコーティングされたチョコ

溶けにくいチョコと言えばM&M'sなどのマーブルチョコなどがあります。 これは表面が砂糖でコーティングされているので、夏場でも溶けにくくコンパクトなパッケージが多いので持ち出しやすいです。

また小分けタイプはチャックが付いるものがあるので、非常に便利です。

焼き菓子タイプのチョコ

森永ベイクなどの焼きチョコやクッキータイプのチョコ菓子も意外と溶けにくいため、備蓄には最適です。 コンビニ用パッケージなどの少量タイプから大袋の小分けタイプまで様々ありますので、好きなものを購入し備蓄しておくことができます。

チョコ菓子は賞味期限がありますが消費期限は長いので、賞味期限が切れたからと言ってすぐに食べられなくなることはありません。

製菓用チョコチップやチューブタイプ

お菓子ではないけれど、クッキーなどの手作りで使うチョコチップやチューブタイプのチョコクリームも便利です。

意外とチョコチップは多少の暑さでは溶けにくく、長持ちします。 実際我が家でも酷暑が続いたこの夏に使っていたチョコチップがは、冷蔵庫に入れなくても全く溶けていませんでした。 それどころかしっかり堅かったことを覚えています。

またチョコクリームはチューブに入っているので、衛生面でも安心です。 パンやクッキーにつけたりすることもできますし、そのまま舐めるだけではなく色々と応用が利きます。

このように溶けないものを選べばチョコでも十分備蓄が可能ですので、好きなものを一ついれておきましょう。

関連記事

最近見た商品

なし※商品を見ると履歴が表示されます