スーパーでも買えるストックしやすい非常食

スーパーでも買えるストックしやすい非常食

スーパーやホームセンターに売っている非常食

最近のスーパーやホームセンターでは、アルファ米や缶詰、またレトルト食品などスペースは狭いですが災害備蓄用の商品が置いてあるお店も増えてきました。

殆どの場合、缶詰やレトルトコーナーとは別のところに防災グッズと共に置いてあることが多いので、見逃してしまいがちです。

スーパーで販売されている非常食の種類

  • お米:アルファ米や真空パックのお米
  • 缶詰:通常販売されている缶詰
  • お水:ほとんどが通常販売されているペットボトル水
  • レトルト:備蓄用の保管期限5年のものや通常販売されているレトルト食品
  • お菓子:ビスコなどのお菓子缶

私が住んでいる地元のスーパーでもレジ前に小さなコーナーを展開していましたが、やはり商品数は少なく、ビスコ缶と賞味期限5年の備蓄用レトルトカレー、真空パック米があったのみでした。

1人暮らしの人が2~3日耐えるには申し分ない分量かもしれませんが、家族のことや非常時が長期間続く可能性を考えるとカレーばかりという訳には行きません。

災害備蓄には備蓄専用のものが最適な理由

それはやはり『冷えても食べられるもの』であることが一番に挙げられます。

魚の煮つけなどであれば冷えた状態でも美味しく食べることができますが、肉類が入ってしまうとどうしても冷えた状態では油分が浮いたり分離するなど味が落ちてしまいます。

備蓄用に作られたものは冷えた状態でも美味しく食べられるように作られており、油分についての問題は解消されています。 もちろん温めて食べられるように事前に固形燃料や携帯ガスコンロを準備しておけば良いですが、そうでない場合や燃料を節約したい場合には冷えた状態でも食べられるものは重宝します。

大型店舗で非常食を購入する時に一緒に買っておきたいもの

大型のスーパーやホームセンターなどでは、防災備蓄のコーナーを大きく展開しているお店が増えました。

そのようなお店ではレスキューフーズやサバイバルフーズなど専用の商品多数揃っているなど、普通のスーパーに比べると種類が豊富です。 非常用の防災グッズなども揃っており、とりあえず買っておきたいという人には大型店は非常に便利です。

注目はキャンプ用品コーナー

ただ一般のスーパーやホームセンターで販売している防災グッズには簡易的なものや便利グッズ要素の高いものが多く、いざと言う時のことを考えると今一つです。 そんな時はキャンプ用品コーナーを見てみましょう。

例えば、レトルトや缶詰を温めるのに便利な携帯ガスコンロや固形燃料が揃っており、また折り畳み式のコッヘル(アルミ製の鍋)が置いてあります。

紙皿や紙コップも良いですが、アルミ製の鍋が一つあれば調理だけではなくそのまま皿としても使えるし、非常に便利です。 保管にも便利で場所も取らないため、非常食を温めて食べたい人はこのようなグッズを用意しておけば役に立ちます。

またランタンなども防災グッズではなくキャンプ用品の方が種類も豊富で、しっかりしたものも多いです。

非常時だけではなく、普通にキャンプでも活躍しますし、また停電などが起きた場合でも使うことができるのがメリットです。

登山やキャンプで大活躍の調理グッズで非常食をクッキング

スーパーやホームセンターに非常食が置いていない可能性

災害が毎年起こるようになり災害グッズなどは近隣のスーパーでもみかけるようになりました。 しかし非常食についてはなかなか置いてあるお店は少なく、一般販売のレトルト食品などが代替としておかれていたりします。

また災害が続く中で、非常食の生産が間に合わなくなっていることもあり、スーパーなどの小売店に行きわたってないといったこともあります。

近隣で置いてない場合は、やはりネットを通じて購入した方が早く確実に手に入ります。 また種類も選べるので色々なものを買ってみたいという人には、ネットでの購入をおすすめします。

関連記事

最近見た商品

なし※商品を見ると履歴が表示されます