『IZAMESHI ごろごろ肉じゃが』を実食してみました!

今回の実食はコレ!『IZAMESHI ごろごろ肉じゃが』とパックごはん・即席みそ汁です!

ごろごろ肉じゃが

いざ実食

今回のメンバー

コロちゃん

コロちゃん
(20代後半/女性/猫1匹/一人暮らし)

潰瘍性大腸炎(油・脂質があまりとれない) 病気のこともあるのでなるべく自炊派

今回はコロちゃんがお昼ごはん代わりに、イザメシの肉じゃがとパックごはんに即席みそ汁でインスタントランチに挑戦しました。

即席みそ汁とパックごはんは、コロちゃんが普段会社に非常食としておいているものを使います。

実食の様子

食べる前の様子
肉じゃがをお皿に盛り、ごはんと味噌汁を準備。肉じゃがのお皿は直径約13cmの深型の紙皿を使用。
肉じゃがのアップ
お肉も野菜も品名とおりごろごろといった感じです。レトルトかどうか言われないと分からないくらいの見た目です。

実食の結果

総評 3

  • 3
  • 見た目 4
  • 備蓄のしやすさ 3
  • 食べやすさ 3.5
  • 3.5

しなっと系の野菜多め肉じゃが

今回コロちゃんが普段持病があるということもあり、レトルトをあまり食べていない生活を送っていたため評価が辛口となっています。

また今回はご飯と味噌汁はサブで、肉じゃがメインの評価をさせて頂きます。

味・食べやすさ

ほくほく系というよりは、しなっと系の食感で、あたためなくても充分食べられる美味しさ。
当たり前ですが温められるのであれば、温めた方がやっぱり美味しいです。

ちなみに肉は塊ではなくコマ肉系でしたが、ちゃんと入っています。

味つけはしっかり目で、薄味好きな人であればやや濃く感じるかもしれませんが、塩辛いというほどではありません。

肉じゃがを食べたとき、かすかにパッケージの臭いが食品に移っているのか、若干ですがにおいが気になりました。

ただ今までイザメシさんのおかずを食べていて気になったことは一度もないので、肉じゃがが臭いが移りやすい食べ物なのか、はたまた体調によるものなのか不明です。
レトルト食品を食べなれた人には全く気にならない程度だと思います。

パッケージ・見た目

パッケージはイザメシさんの下にマチが付いたいつものパッケージで、底をきちんと広げると立たせることも可能。
でも汁気がある食品になるので、倒れる危険性もあるので今回は紙皿を使いました。

備蓄のしやすさ

レトルトパウチなので、重ねて置いても大丈夫。缶詰に比べ重さは軽いので、1食分防災リュックにいれておくことも可能なサイズ。
また他のイザメシ同様3年保存可能なので、長期備蓄には最適です。

おかずとして食べるのであれば十分な量です。しかしこれだけを1食で済ますには量は足りないので、やはりご飯と一緒に食べるのがベストです。

コスト的にはやはりやや高い印象があるのですが、野菜が形が残った状態でしっかり入った肉じゃがを求めるなら、イザメシさんのごろごろ肉じゃがはとても良いかと思います。

食べ終えた感想

コロちゃん

コロちゃん

  • 久しぶりにレトルト食品を口にしたからか、独特のにおいが気になった。
    普段コンビニごはんやレトルト食品を避けている方は同じにおいを感じるかも。(においが強いわけではなく気にしている人は分かる感じ)
  • 味つけはすこし濃い。(個人的に薄味が好きなので、一般的にはたぶん普通くらい)
  • 食感はイモ(ホクホクというよりは少ししなっとした感じ)、ニンジン(こちらも少ししなっとした感じ)で、調味料につかっているからそういう食感になっているのかも
  • 肉はちぎれたのかパラパラ散らばっているイメージ
  • 辛口レポですが、イザメシは一定のクオリティは保っているなと思った。

非常食舌が肥えてきたのか肉じゃがは個人的あまりヒットしませんでした。と言っても、毎回高クオリティのイザメシなので次回に期待です!

今回実食した製品はコチラ

最近見た商品

なし※商品を見ると履歴が表示されます