登山やキャンプで大活躍の調理グッズで非常食をクッキング

登山やキャンプで大活躍の調理グッズで非常食をクッキング

staff by

ウエ

ウエ

登山やキャンプグッズであったか非常食

非常時の調理グッズと言えば、カセットコンロが定番です。 冬になると鍋をするご家庭も多く、カセットコンロを常備している家も少なくありません。

しかしカセットコンロを使わない家や非常用として準備する場合、カセットコンロは大きく邪魔です。 もしもの時に備えて準備はしたいけど、カセットコンロを買うことを躊躇しているのであれば、登山やキャンプで使う固形燃料やストーブなどがおすすめです。

持ち運びに特化したコンパクトな燃料

キャンプと言えばバーベキューと思いがちですが、実はもっと小さな火を焚くことができる道具があります。 登山などでも使用する固形燃料やアルコール燃料を使った道具は、非常にコンパクトで災害グッズとしても活用ができます。

百均でも買える固形燃料

旅館などで小鍋が出てきた時に小さなコンロが一緒についてくるかと思います。 そのコンロの中に入っている小さな青い蝋燭のようなものが固形燃料です。

一見頼りなさそうに見える固形燃料ですが、お湯を沸かす程度であれば十分の火力があり、スープや缶詰を温める程度であれば十分使うことができます。

固形燃料にはコンパクトなストーブと呼ばれる折り畳み式のコンロがセットになっているものもあり、ストーブと固形燃料があればコンロとして使うことができます。

大きさも様々あり、大きさによって燃焼時間が異なります。 旅館などの小鍋を煮炊きする燃料は一番小さなものになりますので、非常食を1つ温める程度であれば一番小さな燃料でも問題ありません。

逆に大きすぎると燃焼時間が長くなり、火の始末が大変になりますので、長時間ストーブを焚く必要がないのであれば小さいもので十分です。 メーカーによって燃焼時間や火力が異なるので、パッケージをよく見て購入しましょう。

アルコール燃料

アルコールを使った燃料となり、小さなアルコールバーナーと呼ばれる金属の入れ物に入れて火を付けます。 アルコールの火力も固形燃料と同じくらいで、固形にするかアルコールにするかは個人の好みの問題なようです。

燃料のアルコールは燃料用アルコールが市販されていますので、それとアルコールバーナー、そして五徳、場合によって風防が必要です。

ガスバーナー

キャンプをする人に欠かせないガスバーナーの燃料には、LPガスとホワイトガソリンがあります。LPガスは家庭でも使うガスの燃料で、初めて使う人や初心者でも扱いやすくおすすめです。

キャンプ用のガス缶には小型のコンパクトなサイズのものがあり、普段ガスコンロを使わない人でも保管するのに非常に便利なサイズです。

OD缶と呼ばれる小型のガス缶と家庭用コンロで使う長細いカセットボンベ(CB缶)の二種類ありますが、OD缶で使うコンパクトなバーナーでもCB缶が使えるものがあり、家にあるコンロのガスと併用したい場合には両方が使えるものを選んで購入してください。

持ち運びに便利なかわいい調理器具コッヘル

非常食を温めるのであれば必ず用意してほしいものと言えばコッヘルです。 コッヘルは小型のお鍋などの調理器具で、いろいろな種類があります。 調理器具としてだけではなくそのままお皿としても使うことができるので、紙皿がなくてもこれ一つで対応ができます。

一般的にはアルミ製のものが多く、安価で軽く使いやすいのが特徴です。

大きさや形状など沢山の種類があり、セット品など色々目移りしてしまいがちですが、非常食を温めたりお茶を沸かす程度であれば、フライパン型と深型のみで十分対応できます。 荷物を少しでも減らしたい場合には、シエラカップと呼ばれる深型のカップだけでも十分です。

チタン製のコーヒーコップも万能

アウトドア製品でよく見かけるチタン製のコーヒーカップですが、これも直火で使えるものがあり調理器具として利用できます。 コーヒー一杯作るのに直接カップで作るなど、手間もかかりません。 コッヘルで調理したあとの残りの火でコーヒーを入れるなど、一つあれば役に立つでしょう。

調理器具さえあれば何だって作れる

ガスや電気などのライフラインが途切れた時、温かいご飯を食べるには携帯式のコンロが必須となります。 もちろん非常食は温めなくても食べられるものが前提で作られていますが、温かいものを食べられることは有難いことです。

バーナーがあれば米を炊いたりや袋麺も作れる

家で被災した場合、家にある非常食など日持ちするものはなるべく置いておきたいものです。 できれば生鮮食品などを腐る前に先に片づけたいと考えてしまいますが、調理ができないと生で食べることになってしまいます。

そのような時にバーナーがあれば調理も可能ですし、家にあるお米を炊いて食べる事も出来ます。 また袋めんなどもコッヘルで調理できますので、家に余っている袋めんも無駄なく食べることができます。

もっと手軽に温めるなら加熱袋がおすすめ

さらにもっと手軽にと考えるのであればヒートパックなどの加熱袋もおすすめです。
ヒートパックは火を使わず水で化学反応をおこし蒸気を発生させる温め法で、水だけしか使わないので非常に簡単です。

ただ温められるものは限られてくるので調理などは難しいですが、レトルトパックや缶詰、液体ミルクの温めなどに役立ちます。

ガスボンベなどの扱いが怖い女性であれば、固形燃料やヒートパックを使うなど自分が使いやすいものを準備しておけば、いざと言う時に役に立つことは間違いありません。

非常時でも温かいご飯が食べれる発熱剤やヒートパック

関連記事

実食体験レポ

最近見た商品

なし※商品を見ると履歴が表示されます