「大切な人にあげたくなる、部屋にもおきたくなる、おいしい備蓄食品」がコンセプトの【みやげ備食プロジェクト】が始動!岩手の缶詰工場が作る魚介リゾットの缶詰を非常食に【非常食ニュース】

こちらは、現在クラウドファンディングで支援を募っている災害備蓄のプロジェクトです。

誰かにあげたくなる、そしてもらった人が家に置いておきたくなるような、お土産を通じて災害備蓄につなげる「みやげ備食」がコンセプト。

商品開発は岩手缶詰株式会社で、東日本大震災の被災地である岩手のメーカーです。

今回のリターン品は、魚介リゾットの缶詰3種類!

  • スパイシーな仕上げがサバとマッチした「サバのカレーリゾット」
  • 食べごたえのあるイナダのブロックとトロトロのトマトがおいしい「イナダのトマトリゾット」
  • 濃厚でまろやかなクリームソースとスルメイカの風味がたまらない「イカのクリームリゾット」

賞味期限は製造から3年。

なんと調理不要!温めなくても缶を開けるとそのまま食べられるというのもいいですね!
お米関連の缶詰は、硬さや艶など色々難しいかと思いますので、苦労されたのだろうなと思います。

缶詰の全容については、まだプロジェクトに掲載されておらず、どのような見た目なのかはまだわかりません。

被災地を応援することにもつながるこのプロジェクト。プロジェクト最終日が22年5月13日と、終了までまだ日はありますが、現段階でまだ36%とまだ支援は少ないようです。

リターンの【みやげ備食 魚介のリゾット缶3種 お試しコース】1箱(3食分)は、送料込み2,600円とクラファンにしては非常に安価!

新しい非常食を追い求める者としては、支援するしかありません!

新開発の非常食を食べるのがとても楽しみです!

→【みやげ備蓄】プロジェクトのページはコチラ
タイトルとURLをコピーしました