カゴメ野菜たっぷりスープ4種とルヴァンクラッカーを実食しました!

今回の実食はコレ!『カゴメ野菜たっぷりスープ4種』と『ルヴァン クラッカー』を食べてみました!

『ルヴァン クラッカー』と『カゴメ野菜たっぷりスープ4種』

今回はカゴメの『野菜たっぷりスープ 4種(トマトのスープ、かぼちゃのスープ、豆のスープ、きのこのスープ)』と、YBC(ヤマザキビスケット)の『ルヴァン クラッカー 保存缶S』の実食レポです。

カゴメの野菜たっぷりスープは野菜が豊富に使われていて、非常時にもバランスよく栄養を摂取できます。 災害時は野菜がとりにくいので、野菜をしっかり摂取できるスープはありがたい製品です。

一方、YBCのルヴァンクラッカーはどんな状況でも手軽に食べられます。 栄養は期待できませんが手間がかからず便利なので、ぜひ備蓄しておきたい製品です。

どちらも魅力的な非常食ですが、1食分としては寂しいので今回は一緒に実食してみました!

いざ実食

今回のメンバー

エザ

エザ
(アラフォー/男性/独り身)

食べることが好き。自宅には食品が溢れていてナチュラル備蓄状態になっている。早く何とかしないと…。

おがちゃん

おがちゃん
(アラフォー/女性/ばついち)

愛犬とふたり暮らし。もしものときのサバイバルをそろそろちゃんと考えなきゃーと思いつつ何もしてない。

タイシ

タイシ
(30代/男性/一人暮らし)

休日は自炊するけど実は味オンチ。何でも食べられるので非常食にも興味がある。

ホライズン

ホライズン
(40代/男性/薄毛と格闘中/家族3人 犬が欲しい)

たいてい遠い目をしている。

今回の実食会は東京組のこの4人。
野菜スープの方は4種類だったので、1人1種類を選んで実食しました。

実食の様子

まずはスープを温めるためのレンジ対応タッパーと、取り分け用の紙皿を用紙します。

実食前の準備

実食前準備
今回はスープを温めるのに電子レンジを使いました。袋のまま温めることはできないので、レンジ対応のタッパーを用意しました。
かぼちゃのスープの袋の中身
野菜スープ(かぼちゃのスープ)の袋を開けると中はこんな感じです。中身は袋の半分くらいですが、いっぱいに入ってるとこぼれやすいので妥当な量だと思います。袋は自立しますが、安定感に乏しく倒れやすそうでした。
野菜スープの常温で実食前
野菜スープは常温でも食べられる仕様なので、まず常温で食べる分を紙皿に分けて実食します。並べてみると彩りのバリエーションがあっていい感じですね。
野菜スープをタッパーにうつしかえ
常温で野菜スープを食べている間、残りをタッパーに入れてレンジで温めます。穴付きのタッパーでしたが穴が小さかったようで、レンジで温め中にフタが吹っ飛びました。初めての時は様子を見ながら温めた方が良さそうです。
温めたきのこのスープ
きのこのスープを実食。今回のスープの中では一番地味ですが、きのこがたくさん入っていてボリュームがありますね。
温めた豆のスープ
こちらは豆のスープ。ごろごろした豆がたっぷりで好評でした。
温めたかぼちゃのスープ
かぼちゃのスープです。かぼちゃの優しい甘みはスープにピッタリ!具だくさんで美味しそうですね。
温めたトマトのスープ
赤い色味が食欲をそそるトマトのスープです。温めた後は美味しそうな香りもあいまって、とても満足できました。

YBC ルヴァンクラッカー保存缶S

ルヴァンクラッカー保存缶S
非常食としてはお馴染みのクラッカーの実食。YBCのルヴァンクラッカーは人気の高い定番のクラッカーです。
ルヴァンクラッカー保存缶Sを開けるところ
保存缶にはプラスチックのフタがついています。缶上部にはプルトップの開け方が丁寧に書かれていて親切です。
ルヴァンクラッカー保存缶Sを開けたところ
缶切りのいらないプルトップ仕様で開けるのも簡単。クラッカーは小分けに包装されているので衛生的です。
ルヴァンクラッカー保存缶Sを上からのぞいたところ
保存缶Sは上下に3袋ずつ、合計で6袋入っています。個包装は手のひらサイズで配布しやすくなっています。
ルヴァンクラッカーの袋を開けたところ
個包装を開けるとこんな感じでクラッカーが入っています。
ルヴァンクラッカーのアップ
クラッカー1枚はこんな感じで、普通のお菓子といった見た目です。1辺5cmくらいで食べやすいサイズになっています。

実食の結果

総評 3.7

  • 3.9
  • 見た目 3.5
  • 備蓄のしやすさ 4.1
  • 食べやすさ 3.6
  • 3.2

薄味のクラッカーと野菜スープの相性は◎

今回はクラッカーと野菜スープを一緒に実食してみました。 薄味のルヴァンクラッカーと野菜たっぷりスープの組み合わせは相性が良く、みんなから好評でした。 スープを温めるのは手間でしたが、クラッカーはそのまま食べるだけなので、その辺のバランスも良かったと思います。

見た目・味(ルヴァンクラッカー)

ルヴァンクラッカーの見た目は、オーソドックスなクラッカーといった感じでした。
ほのかな甘みと塩味がさっぱりして美味しく、サックリした食感も食べやすくて良かったです。

あっさりした風味のクラッカーなので、多くの人に好まれる万人向けの味だと思います。 みんなの評価では、「何かと合わせて食べると良い」という意見が多かったです。

見た目・味(野菜たっぷりスープ)

カゴメの野菜たっぷりスープは、具だくさんで美味しそうな見た目です。
袋のままだと少し味気ないので、食器に移し替えるとより見栄えがします(パッケージの写真はとても美味しそうに見えます)。

野菜スープは、常温と温めた場合の2パターンを実食しました。 常温の味はみんな低評価で、「食べられなくはないが温めた方が断然美味しい」という意見が多かったです。

温めたスープはとても美味しく、セールスポイントの「たっぷりとした具」は期待どおりでした。 非常時に野菜がとれるのは嬉しいという声も多く、副菜としては良い商品だと思います。

量(ルヴァンクラッカー)

ルヴァンクラッカー保存缶Sは、1缶に6袋入っています。 メンバーは4人だったので、2人は1袋ずつ、残りの2人は2袋ずつ食べました。

男性の場合、クラッカーを2~3袋食べると、スープと合わせて1食分に適当な量になりそうです。 クラッカーは1袋6枚入りの小分け包装なので量の調節がしやすく、非常食としてとても使いやすいと感じました。

量(野菜たっぷりスープ)

今回の野菜たっぷりスープは4種類×1袋ずつのセット商品です。 実食メンバーは4人だったので、1人1袋ずつ実食しました。

野菜スープは1食分として物足りませんが、他の食品と組み合わせるにはちょうどいい分量だと思います。 今回はクラッカーと一緒に実食しましたが、女性のおがちゃんには1食分として十分な量だったようです。

パッケージ・食べやすさ(ルヴァンクラッカー)

クラッカーは保存缶を開けて、個包装を開けるだけで手軽に食べられます。 手が汚れている時は包装袋を持って食べると、クラッカーを汚さずに済みます。

クラッカー1枚1枚は薄くて軽いので、とても食べやすいです。 缶にはプラスチックのフタがついているので、開封後も衛生的にクラッカーを保管できます。

クラッカー保存缶の裏面には、「災害時に安否情報が確認できる電話サービス」の案内が印刷されています。 非常食のパッケージとして、こうした配慮があるのはとても良いですね。

実食後

パッケージ・食べやすさ(野菜たっぷりスープ)

野菜スープは袋を開けて、そのまま食べることができます。 スプーンは付属していないので、別に用意するか、じかに袋から飲むことになります。 袋は自立しますが、うまく置かないと倒れそうなので注意しましょう。

野菜スープは「袋を開けるときに中身が散る」という意見が多かったです。 袋には切り口がついていますが、開ける時は周囲を汚さないように気をつけましょう。

温める方法はレンジか湯せんです。 レンジの場合はレンジ対応の容器、湯せんでは鍋・水・加熱器具が必要になります。

持ち運び・備蓄のしやすさ(ルヴァンクラッカー)

ルヴァンクラッカーの保存缶はとても持ち運びやすい製品だと思います。 消費期限も5年と長く、備蓄のしやすさも抜群です。

保存缶は円柱型なので、バッグに入れると少し隙間ができます。 空いた隙間には他の備蓄品を詰めたりして、上手に活用しましょう。

持ち運び・備蓄のしやすさ(野菜たっぷりスープ)

野菜スープはコンパクトで隙間に入れやすいので、収納性については文句なしです。 消費期限はきのこスープが5.5年、他の3種類が4年なので、備蓄食としても使いやすいと思います。

総評:全体の相性は抜群!スープ常温の評価がポイント

ルヴァンクラッカーと野菜たっぷりスープの相性は、想像した通りバッチリでした。 一緒に食べることで、互いの味・栄養・ボリュームを補完できて、とても良い組み合わせだと思います。

野菜スープはクラッカーの代わりにパンなどと組み合わせても良さそうです。 しかしクラッカーの方が食事量を調節しやすいので、食の細い方にはクラッカーとのセットがおすすめです。

野菜スープはどれも化学調味料無添加なので、お子様やシニアの方でも安心して食べられます。 食塩相当量も1袋あたり1g以下に抑えられており、健康への配慮も十分です。

野菜スープは「温めなくても美味しい」という触れ込みなので、基本的には常温で食べることを想定していると思います。 ただ温め方も案内されていたため、今回は温めた状態とも食べ比べてみました。 食べ比べた結果、やはり温めた方が断然美味しいという評価でした。

そのため、このセットのポイントは「常温の野菜スープを美味しく食べられるか?」という点だと思います。 災害時はスープを温められない状況も多いので、「常温では絶対に食べたくない!」という方にはあまりおすすめできません。 また1袋あたり300円ほどするので、「野菜をしっかり摂りたい」というこだわりがなければ、値段の割に高いと感じるかもしれません。

野菜たっぷりスープは、「野菜をしっかり摂りたい」、「栄養バランスを考えたい」という方におすすめできます。 一方、ルヴァンクラッカーは非常食として使いやすく、単体の備蓄品としても魅力的です。 セットで食べるとバランスが良いので、常温の野菜スープを美味しく食べられるなら、備蓄食としてぜひ検討してみましょう。

食べ終えた感想

実食後
エザ

エザ

- 野菜スープ(きのこのスープ)の感想 -

  • そのままよりも温めた方が美味しい。
  • 開封時に手が汚れやすい。
  • スプーンがないので別に必要になります。
  • 他の容器に移さないと食べにくい。
  • 1食分としては物足りない。
  • 副菜向けなのでクラッカーと合わせると◎
  • きのこスープより、トマトや豆スープの方がクラッカーと合う。

- ルヴァンクラッカーの感想 -

  • オーソドックスなクラッカーで非常食としては王道的。
  • スナック感覚でサクサクいけます。
  • 単品では物足りないので副菜と合わせると良い感じ。
  • 缶が大きいのでかさ張るかも?
おがちゃん

おがちゃん

- 野菜スープ(かぼちゃのスープ)の感想 -

  • 開封時に中身が飛び散り汚れやすい。
  • 量は少なく食事の彩り程度。
  • 野菜が摂れるのは評価できる。
  • クラッカーと一緒に食べるといい感じ!
  • 常温で食べると寂しい味がする。
  • ゴミは少なくて済むけれど汚れやすいので少し扱いにくい。
  • 袋は自立するけれど深さがあるので倒れそう。

- ルヴァンクラッカーの感想 -

  • あっさり塩味で美味しいクラッカーです。
  • 一包食べるとけっこうおなかいっぱいになります。
  • これのみを連日食べるとキツいかもしれないけれど、数日ならOK。
  • なんにでも合う味なのでいろんなものと組み合わせられそう。
  • 軽いので持ち出し、持ち運びにもGood。

避難所などで体調を崩しているとスープの優しい味が嬉しいかも。クラッカーあっさりした味で美味しく、スープと一緒に食べるとのどを通りやすくてとてもいい感じでした。

タイシ

タイシ

- 野菜スープ(トマトのスープ)の感想 -

  • 具がしっかりしていて美味しい。
  • トマトスープは色味が良くて食欲をそそります。
  • 温めた方が断然美味しいが、個人的には常温でもOK。
  • 温めるにはレンジか、鍋+水+加熱装置がいるので非常時に用意できるかが問題。
  • 袋はいちおう自立できるが袋からそのまま食べるのは難しそう。
  • 非常時に野菜をしっかりとれるのはありがたい。
  • 単体では物足りないが味の薄い食品と合わせると◎
  • 豆スープも食べたけれど、豆がたっぷりで満足度が高い。

- ルヴァンクラッカーの感想 -

  • 味は見た目通り、ほのかな塩味と甘みが美味しい。
  • 1枚が薄くて軽いのでサクサク食べられる。
  • 缶にフタがついているので保存に使えそう。
  • 水なしでも食べられるが、のどが渇くのでできれば水分がほしい。
  • 薄味なので、味のある食品と合わせるのがおすすめ。
  • スープと一緒に食べると、ちょうどいい感じ。
ホライズン

ホライズン

- 野菜スープ(豆のスープ)の感想 -

  • 常温だと食べにくく、温めた方が断然おいしい。
  • パックのままだと食べにくい。
  • スプーンがついてないので非常時はパックから飲み込む食べ方になる。
  • 非常時に野菜がとれるのは嬉しい。
  • 開封時に手が汚れる。
  • 豆の量は多く、スープの量としては1食分として適正。

- ルヴァンクラッカーの感想 -

  • 想像通りの味。
  • 単体で食べると飽きるので何かと一緒に食べるとGood!
  • 今日食べた豆のスープとも相性が良く、美味しく食べられました。
  • 缶背面の安否サービスの電話番号が、非常食としての配慮が感じられて良い。
  • 賞味期限が5年もあるので非常食の定番の一品としておきたい。

最近見た商品

なし※商品を見ると履歴が表示されます